クロジェクトX  ケニャイチロー母国に帰る

ケニアでの協力隊活動を終えたケニャイチロー。2年ぶりに日本に帰ってきたケニャイチローの奮闘記です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

平凡な日々が幸せな日々

2010-05-03 23:35:54 | 日記
日本に帰ってきて、普段の生活が始まった。
朝起きると、ちゃぶ台の上にある朝ごはん。
眠い目をこすりながら、愛車のwishに乗って、職場の中学校へ。

部活の朝練習、学級での朝の会、授業、給食、清掃、午後の授業、そして帰りの会。
午後の部活が6時半に終わり、夜の8時くらいまで事務仕事。
そして家に帰ると笑顔の妻が迎えてくれる。

ちゃぶ台には夕食が用意してあり、二人でご飯を食べる。
その日の妻のおなかの様子を聞いて(妊娠してるので)、二人の会話が始まる。

そんな毎日を現在送っているのだが、ケニアでの活動とちがい忙しくせわしく流れる時間に、あたふたしている。
しかし、こんな平凡な日々が幸せなんだなあと感じている。

ケニアで感じた幸せな日々。
それは大事な人のそばにいて、毎日話をして、笑顔で一日を終えること。
豪華な食事を食べに行かなくても、旅行に行かなくても、お金がなくても、
こんな平凡な日々が一番幸せなんじゃないかって思い始めた。
だからこんな毎日を幸せを感じながら生活していきたい。

ふと空を見上げて考える。
ケニアのゲタスル更生学校の子供たちは元気にしているだろうか。
世界中に広がる協力隊の同期も元気にしているだろうか。
そんな私は日本の忙しさにヒイヒイ言いながら、なんとかがんばってます・・。
コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

クロジェクトX ケニャイチロー先生 母国に帰る

2010-04-25 17:13:10 | 日記
あのケニアでの活動が終わって1ヶ月。
すっかり日本の生活に戻ってしまった私。

ケニアでの協力隊の活動が嘘だったかのように最近感じる。
長かった1年9ヶ月があっという間の夢だったかのようにも思う。

さてケニアで経験してきたこと、体験したことを日本でどう生かせるか、
また日本のことをどう感じるか、このブログでつづってみようと思います。

このブログも2年間という限定で書いていこうと思います。
お時間があったらごらんください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加