Kanazawa Jazz days

引っ越しました:
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/

[ECM1053] Michael Naura: Vanessa (1974) アイヒャーではないECM

2015年12月19日 | ECM1000番台

  一切、アイヒャーのcreditがないECM。初期のテープ買いはともかく、本格的に立ち上がった後では、はじめてのアイヒャーではないECM。producerはリーダのナオラ。録音日時や録音技師のcreditもなく、REMIXはおなじみMartin Wieland。だから音としては、しっかりECMになっている。

 ジャケット裏にはナオラのライナーノートが。それによると、彼は1950年代から演奏しているそうで、vibのシッテルとはそれ以来の付き合い、ということが裏ジャケットに書いてある。楽歴が長いヴェテラン。アイヒャーのrespectがあり、ECM貸しを行ったのかな、と思う。ReMIX、ジャケットデザインなど、ECMとしてしっかりとした造りになっている。

 さて音なのだけど、A面は完全にジャズ・ロックで、古さは否めない。聴いていて、なんだかバートンのAtlanticみたい。ヴェーバーのベースのエフェクターも「それ」っぽく、臭いなあ。B面は叙情的な雰囲気も出していて、収まりもよい。微妙に時代に迎合しているところが、しっかり時代に取り残されている感じになっている。アイヒャーのプロデュースの有無、の意味がよく分かるアルバム。1970年代前半のバートンのアルバムで、AtlanticとECMを比べて感じること、と同じなのだ。とは云え、ショーターと同世代のドイツの奏者が刺激され、「ボクたちのweather report」をやった感じ、が溢れたアルバム。ヴェーバーまで唸っているからねえ。同時期のJAPOのOMにとても近いので、なぜ、そっちで出さないのだろうか。

 工藤さんの情報では、CDが出ていない。今朝、インターネットの中古盤販売サイトを見ると、CDが載っていた。売り物は出ていなかったが、販売実績はあるようだ。本当かなあ。

[ECM1053] Michael Naura:‎ Vanessa (1974)
A1. Salvatore (M. Naura) 11:38
A2. Hills (Weber, Nay, Naura) 2:40
A3. Baboon (Naura, Schlüter) 3:17
B1. Vanessa (M. Naura) 5:55
B2. Listen To Me (M. Naura) 6:33
B3. Black Pigeon (Thunemann, Naura) 6:50
Michael Naura(p), Wolfgang Schlüter(vib, perc), Klaus Thunemann(Bassoon), Eberhard Weber(b), Joe Nay(ds)
Layout: B & B Wojirsch
Photograph: Tadayuki Naito
Remix: Martin Wieland
Producer: Michael Naura
Recorded September 1974 at Windrose Studios, Hamburg

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  John Escreet: Sabotage and... | トップ | 皇居を走る »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こちらからもTBさせて頂きます。 (中年音楽狂)
2015-12-19 15:53:38
kenさん,こんにちは。TBありがとうございました。

今,このアルバムにはどの程度の値段がついているのかは知る由もありませんが,私も随分前に中古でゲットしたものですが,全然ECMらしくない音源と言ってもいいように思います。

ただ,そんなにしょっちゅう聞きたいと思うようなアルバムではありませんから,私は今や少なくなったLPラックに収まっている時間が長いですねぇ(笑)。でもいい機会なんで,また聞いてみますかね。

ということで,こちらからもTBさせて頂きます。
確かに (ken)
2015-12-20 09:05:29
>そんなにしょっちゅう聞きたいと思うようなアルバムではありません
==>本当にそうですね。改めてアイヒャーのプロデュースの力を知りました。多分、価格は高くないですよ。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ECM未CD化作:今度はMichael Nauraだ! (中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar)
Vanessa Michael Naura(ECM) ECMレーベル未CD化作品紹介として更にもう一枚。本日はMichael Nauraである。Nauraと言えば,旧作が澤野商会から発売されて注目を集