Kanazawa Jazz days

引っ越しました:
http://kanazawajazzdays.hatenablog.com/

Robert Glasper:Covered (2014) 奇妙な感覚、だが悪くない

2016年02月06日 | jazz (piano)

 

  リリースされて、すぐ購入したが、アノBlack Radioシリーズほどは聴いていない。あっちのほうが気持ち良い、からなのだけど。

 ピアノ・トリオの形をとっているが、ドラム奏者が主役のように聴こえる。悪いことじゃない。ピアノ弾きとして、グラスパーって引き出しは多いようには感じないので(センスのよい編曲・作曲能力と比べると)、ドラムによるテンションが丁度良い刺激になって、心地よくは聴くことができる。

 それにしても面白いのは、ピアノの音が抑制的で、アコウスティックな響きは伝わらない。ヴァン・ゲルダー時代のBlue Noteと一脈通じるような音。これも好みではないが悪くない。だからドラムが前に出てきている。あまり強いジャズ性を感じない音楽(グラスパーはいつも、ソコが案外いいのだけど)が、案外伝統的なジャズ的な音場で鳴っているような奇妙な感覚、だが悪くない。

Robert Glasper: Black Radio2 (2013) 空港に向かうクルマのなかで

Robert Glasper: Black Radio2 (2013) 新しいのも聴いているよ、ということで

Robert Glasper: Black Radio(2012) 気持ち良い期待はずれ

-----------------------------------------------------------------------------

Robert Glasper:Covered (2014, Blue Note)
1. Intro 2:12
2. I Don't Even Care (John Gray, Macy Gray, Robert Glasper 7:42
3. Reckoner (Colin Charles Greenwood, Edward John O'Brien, Jonathan Richard Guy Greenwood, Philip James Selway*, Thomas Yorke) 5:07
4. Barangrill (Joni Mitchell) 7:06
5. In Case You Forgot (Robert Glasper) 13:01
6. So Beautiful (Lee Huston, Jr., Taalib Johnson) 7:39
7. The Worst (Brian Keith Warfield, Charles Edward Hugo, Jhené Aiko Chilombo, Maclean Robinson, Pharrell Williams, Shawn C. Carter) 5:21
8. Good Morning (Drew Ramsey, Britten Newbill, John Stephens, Shannon Sanders) 4:51
9. Stella By Starlight (Ned Washington, Victor Young) 4:37
10. Levels (Bilal Oliver) 7:38
11. Got Over (Harry Belafonte, Robert Glasper) 2:07
12. I'm Dying of Thirst (Alan Bergman, Kendrick Lamar, Marilyn Bergman, Quincy Jones) 4:33
Robert Glasper(p), Vicente Archer(b), Damion Reid(ds)
Executive-Producer: Don Was, Nicole Hegeman
Producer: Robert Glasper
Recorded live at Capitol Studios Hollywood CA. December 2nd and 3rd 2014
Released: 15 Jun 2015

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« [ECM1060] Ralph Towner: Solsti... | トップ |  Morten Halle:Ten Easy Pieces ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
TBさせて頂きます。 (中年音楽狂)
2016-02-07 13:23:06
kenさん,こんにちは。出張続きの中年音楽狂です(苦笑)。

このアルバム,実は買おうか買うまいか悩んでいたというのはブログにも書いた通りなんですが,某ショップでプレイバックされていて,あまりの心地よさに買ってしまったものです(ショップではなく,ネットでですが...)。

おっしゃる通り,サウンドとしては「ピアノの音が抑制的」なのが特徴的でしたが,これはこれでありだと思いました。結構好きなんですよね,こういうの(笑)。

ということで,TBさせて頂きます。
お疲れ様です (ken)
2016-02-07 16:13:20
ボクのほうが若干、年上だと思うので、より疲れやすいように思います。もう貴兄のような旅程は組めない。高々、現地3泊のテキサス往復で、復旧まで1週間以上かかっています。(呑みすぎ、とか、居眠りでダメなんだけど)

はい、グラスパって、streamを作るヒトだと理解すると混乱するのだけど、キモちいい音造りが上手なヒトと理解すると、すっと入ってきますね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
Robert Glasperの新譜は編成はトリオでも越境型だった。そして,このグルーブは魅力的。 (中年音楽狂日記:Toshiya's Music Bar)
Covered Robert Glasper (Blue Note) Black Radioシリーズで黒人音楽,あるいはジャズとソウルをつなぐ重要人物となったRobert Glasperの新作である。