高橋健二 あったかハート通信

大津市議会議員としての日々の活動などをご報告しています。

本市におけるSDGsの取り組みについて

2017年07月09日 | 議会・党の活動
1、自治体における持続可能な開発目標(SDGs)の活用について
(1)本市におけるSDGsの取り組みについて
①SDGsの枠組みを使って、これまで本市が重点的に取り組んできた子どもの健康や子育て支援、教育、女性活躍に止まらず、環境など世界を変えるための17の目標実現につながる施策について検討するべきであると考えますが、見解をお伺いいたします。
②併せて、市民や企業・団体との連携も含めた本市におけるSDGsの取組について見解をお聞きいたします。

 まず始めに、本市におけるSDGsの取組についてですが、持続可能な開発目標SDGsについては、本市総合計画のまちづくりの基本理念に掲げる「持続可能な都市経営」「共助社会の確立」「自然、歴史、文化の保全、再生、活用」と基本的な方向性を同じくすることから、今通常会議の提案説明の中でも、持続可能な開発目標を達成するために、本市も積極的にSDGsに取り組むことを申し上げました。
本市では、これまで、本年2月に国連環境計画・金融イ二シアチブ特別顧問、末吉(すえよし) 竹(たけ)二郎(じろう)氏を招いて、政策監、次長を中心とする庁内勉強会の開催、5月31日には外務省国際協力局 地球規模課題総括課長を招いて全所属を対象とする職員研修会の開催、また、6月1日には、国連経済社会局トーマス・ガス事務次長補を招いた「サステナブル滋賀×SDGs」シンポジウムにパネリストとして参加するなど、SDGsへの理解を深めてきました。
 また、平成28年12月22日に策定された国の実施指針において、地方自治体のSDGsへの積極的な取組を求めています。これらの取り組みや動きを踏まえ、本市がこの度、策定した総合計画実行計画においては、40の施策にSDGsの17の目標を当てはめたところ、ほぼすべての項目で関連性が検証できました。
このことから市総合計画の推進を図る上で、一定SDGsの17の目標を視野に入れる中で、特に重視して取り組むSDGsの目標を選定して、施策の推進に努めてまいります。

 2点目の市民や企業・団体との連携も含めた本市におけるSDGsの取組についてですが、SDGsの目標が包含された、市総合計画の推進を基本として、市総合計画に位置づけた「まちづくりの取組主体」である市民、事業者の皆さんと共にSDGsに取り組むことといたします。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« SDGsを自治体の指標とし... | トップ | 石井国土交通大臣へ要望(湖... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

議会・党の活動」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL