田園都市の風景から

筑後地方を中心とした情報や、昭和時代の生活の記憶、その時々に思うことなどを綴っていきます。

官兵衛ゆかりの城下町、秋月へ

2015年07月28日 | 日々の出来事
 少し前のことになりますが、家内が秋月に行きたいというので、観光シーズンではないのですが行ってきました。  秋月は鎌倉時代から400年近く秋月氏が支配していましたが、徳川時代になって元和9年(1623年)、黒田官兵衛の孫、長興が黒田藩の支藩として5万石を分け与えられ、秋月藩が誕生します。その後、明治になるまで城下町として存続しました。秋月は山裾の城下町で、主要道路沿いにはなく . . . 本文を読む
コメント

大正は遠くなりにけり

2015年07月24日 | 思うこと
 大正は遠くなりにけり。こう言ったら大正生まれの人から叱られるだろうか。  私事になるが先月、母が他界した。大正9年生まれの95歳であった。夫を早くに亡くして以来、40年近く一人暮らしをしてきた。施設に入るのは嫌だと言いながら、病気ひとつせず、最近は兄が身の回りの世話をしていた。その日は兄が母に声をかけて買い物に出かけ、帰って来た時は布団の中で息を引き取っていた。兄も最初は気付かなかった程、安ら . . . 本文を読む
コメント

空振りだった九州国立博物館

2015年07月22日 | 日々の出来事
 21日、九州国立博物館で開催されている「大英博物館展」を観るため太宰府に行きました。  ところが西鉄太宰府駅に着くと、構内に「本日は休館日です」の看板が。まさか平日に休みは無いだろうと思っていたら、月曜が祝日の場合は翌日が休館になるそうです。そういえば昨日は「海の日」だった。リタイア組はこういうところが鈍感になります。楽しみにしていたので残念です。  せっかく来たので天満宮に参拝しました。高 . . . 本文を読む
コメント

銀閣寺道の屋台伝説(下)

2015年07月16日 | 遠い日の記憶
 浄土寺橋の屋台については、色々な方が回想している。  京都在住の元大学教授の思い出である。元教授は私より9歳ほど年長であるが、学生時代は銀閣寺道に下宿していたという。  この方は、毎晩のようにここでラーメンを食べていたが、この屋台は繁盛し、百万遍に「百万石」という店を持ったが、この店は後に韓国料理店になり、後にそれもなくなったという。浄土寺橋の北西には、今を時めく「ますたに」というラーメン屋 . . . 本文を読む
コメント

銀閣寺道の屋台伝説(上)

2015年07月14日 | 遠い日の記憶
 JR京都駅から錦林車庫前行きのバスに乗り、河原町通をずっと北上して今出川通を鴨川を越えて東に進むと、白川通との交差点に銀閣寺道のバス停がある。昭和51年に市電の今出川線が廃止されるまで、銀閣寺道停留所があったところである。この交差点をまっすぐ東に進んでいくと銀閣寺へと至る。  すぐ横を琵琶湖疏水の支線が流れており、浄土寺橋が掛かっている。その橋の東側の袂に昔、一軒のラーメン屋台があった。   . . . 本文を読む
コメント