田園都市の風景から

筑後地方を中心とした情報や、昭和時代の生活の記憶、その時々に思うことなどを綴っていきます。

草野町の河津桜とつばき

2017年03月13日 | 日々の出来事

 草野町で河津桜が満開という記事を見て行って来ました。麓の駐車場から少し登ります。草野は植木業や果樹園芸が盛んな町で、至るところに圃場があります。

  ここの河津桜は景観樹ではなく、圃場の中にあります。一般にも開放されていて案内板がありました。

  河津桜の並木は山裾にあります。訪れたのは花の盛りも過ぎようかという日でした。

  ベンチも用意されています。町中ではありませんが訪れて来る人が絶えません。

  周り一帯は植木の圃場です。これは紅梅の枝垂れです。

 圃場のつばきを撮影しようと辺りを散策しました。この辺は苗木ではなく成木が育成されています。草野町は昔からつばきの産地で、新品種も作出されています。

 

 

 

 

 

 木立の中の道を少し行くと渓流が流れていました。このつばきは自生のようです。

  向こうに山肌が見えます。

  これは久留米つばきの代表品種である「正義(まさよし)」。草野町では市のみどりの里構想により、つばき園や世界のつばき館が整備されています。地元でも椿油を商品化したり、今の時期につばきフェアを開催しています。

  みどりの里、草野町の風景です。

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 白壁の町・吉井町のひなめぐり | トップ | 佐賀城下ひなまつり »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紅梅の枝垂れ (tango)
2017-03-13 14:34:08
草野町って良い静かなところですね!
植木を育てるのに土があっているのでしょうか
いつもこのように綺麗な花を見て居ると
心がうきうき・・
しだれ梅・枝垂れ桜は大好きです
徳佐を通過するとき有名な<枝垂れ桜>の
看板を見ましたがまったく開花していませんでした
こんにちは (九州より)
2017-03-13 17:02:11
草野町は耳納北麓にあって
静かな町です。
梅ももう終わりだと思っていましたが、
昨日、石橋文化センターに行ったら、
満開でした。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む