田園都市の風景から

筑後地方を中心とした情報や、昭和時代の生活の記憶、その時々に思うことなどを綴っていきます。

英国公使ハリー・パークス襲撃事件(太政官日誌より)

2015年09月23日 | 歴史

 慶応4年2月30日(旧暦)、天皇はフランス、オランダ、イギリス3か国の公使を謁見します。

 ところがイギリス公使のハリー・パークスが、参朝のため宿舎の知恩院を出て御所に向かう途中、二人の暴漢に襲われます。この時は付き添っていた後藤象二郎と中井弘蔵が暴漢の一人を打倒し、もう一人はイギリス警備兵に捕縛されて公使は危うく難を逃れます。

 このため、イギリス公使の謁見は3月3日に延期されました。その時のやりとりが太政官日誌にまとめられています。天皇からは遺憾の意が述べられ、公使は謝意を表しています。

 この襲撃は、まだ江戸城が明け渡される前の出来事です。戊辰戦争の趨勢もはっきりとは定まっていませんでした。新政府を支持していたイギリス公使が襲撃されたことは一大事でした。

 関心のある方は国立国会図書館の近代デジタルライブラリーをご覧ください。

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 星のふるさと公園は山の上 | トップ | 吉野ヶ里歴史公園を歩く »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

歴史」カテゴリの最新記事