田園都市の風景から

筑後地方を中心とした情報や、昭和時代の生活の記憶、その時々に思うことなどを綴っていきます。

太宰府天満宮の菖蒲池

2017年06月16日 | 日々の出来事

 太宰府天満宮の菖蒲池を見に行きました。大きな池ではありませんが、3万本の花菖蒲が植わっているとのことです。

 太宰府でも着物体験が流行っているようです。しかし年配のご婦人が召してある着物とは違い、浴衣感覚です。

 係りの方が花を摘んでいました。枯れた花を取っているのでしょう。この辺りは結構水深があります。

 

 

 

  池の周りにはアジサイが植えられています。

  「ブルースカイ」

  「オタフク」

 菖蒲池から本殿に回りました。写真は楼門と手水舎です。団体さんの記念写真の撮影場所になっています。

 この日は参詣人が多く、本殿前は参拝をする人の行列が出来ていました。巫女さんは外国の団体相手に写真撮影のサービスです。

 八重咲きのサツキが咲いていました。私は初めて見たような気がします。こちらでは菖蒲はそろそろ盛りを過ぎ、新聞の花便りには菖蒲に代わってアジサイが載っています。今年はどの花も開花が遅れていますが、季節の移ろいは早いですね。もうすぐ夏至です。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 菱野の三連水車が組み立てら... | トップ | 石橋文化センター 写真散歩 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
美しい花菖蒲 (京都で定年後生活)
2017-06-16 15:35:41
こんにちは
太宰府天満宮の花菖蒲3万本とはすごいです。
花がら取りもきちんとされていて、手入れが行き届いていますね。
花菖蒲は花がらを取るときれいです。
水深が深いのも驚きました。
こんにちは (九州より)
2017-06-16 17:24:04
コメント有難うございます。
3万本は神社のHPからの引用です。
そんなに大きい池ではありません。
ボリュームでは、佐賀の大和中央公園の方が圧巻です。
神社らしく手入れをきちんとされているようです。
花がら摘みは初めて見ました。
天満宮といえば梅が有名です。
鉢を (tyako)
2017-06-17 09:02:08
おはようございます。
鉢に植えられた花菖蒲をそのまま池に入れているんですね。
花が終わると撤収・・・いいアイデアです。
それにしても、萎んだ花を摘み取っている係の人達も大変な作業だと思います。
綺麗な花を見せていただきました。
tyako様 (九州より)
2017-06-17 10:17:01
こんにちは。
よく分かりませんが、鉢を水の中に入れてあるのでしょう。
きめ細かい手入れをすることで、美しい花を見ることが出来ます。
ご苦労様と言いたいですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む