映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「ジョン・ウィック:チャプター2」

2017年07月11日 | 日記

  

    キアヌ・リーブスが伝説の元殺し屋に扮し、銃とカンフーを融合させた新銃術「ガ
    ンフー」を取り入れたアクションで、ヒットを記録した「ジョン・ウィック」のシリーズ第
    2弾です。
    前作でニューヨークを舞台にロシアン・マフィアを相手に繰り広げた壮絶な復讐劇
    から5日後が今作のスタート。平穏な生活を送りたいジョンは、イタリアン・マフィア
    のサンティーノからの殺しの依頼を断りますが、それにより自宅を爆破されてしま
    います。ジョンはサンティーノへの復讐を開始しますが、命の危険を感じたサンティ
    ーノに7億円もの懸賞金をかけられ、世界中の殺し屋から命を狙われる事態に巻
    き込まれてしまい・・・。

    第1作に引き続き監督はチャド・スタエルスキ。ジョン・レイグイザモ、イアン・マクシ
    ェーンら前作からのキャストに加え、ラッパーのコモン、ルビー・ローズらがジョンを
    狙う殺し屋として出演しているほか、リーブスの代表作である「マトリックス」シリー
    ズのローレンス・フィッシュバーンが独自の組織を束ねるキング役で出ています。

    低予算で製作された前作が予想外にヒットしたことから、第2作は見違えるような製
    作費の掛け方でまず驚かされます。テンポがいいと言うものの到るところで粗さが目
    立ちますが、この作品は理屈で見てはいけないと思ったとたんに俄然面白く見ること
    が出来ました。
    アクション場面が豊富ですが、特に銃撃戦が見ものでこのアクションは一種の美学と
    さえ言えそうですし、主人公に相対する面々の配役に厚みがあって作品価値を高め
    るのに役立っています。
    ラストはどう考えても続編への感じがしましたが、聞くところによると既に第3作は決ま
    っているそうで、この分なら期待できそうですね。肩の凝らない娯楽アクション作として
    お薦めしますので、余った時間をお楽しみください。





ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大映宣伝部・番外編の番外 (1... | トップ | 映画 「ライフ」 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。