映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

大映宣伝部・番外編の番外 (132) 山形 勲さん

2016年10月16日 | 日記
   

    
 

    今回もユニークで貴重な脇役を演じつづけた山形勲さんです。山形さんは各社作品に
    出演していて、水が合うのか住み心地が良かったのか、そのほとんどが東映でした。
    大映では「地獄門」「千姫」「楊貴妃」「薔薇の講道館」「宇宙人東京に現わる」「浅草の
    灯」「忍びの者 伊賀屋敷」「座頭市海を渡る」「陸軍中野学校 密命」「ある殺し屋の鍵」
    など10数本しかありませんが、現代劇・時代劇を問わずに活躍、品のある悪役が得意
    な方でした。悪役以外では会社の経営者とか高級官僚役など知的な役をも演じられる
    珍しい俳優さんだったと思います。

    大映の初出演は「地獄門」です。この作品では京マチ子と夫婦で善良な武士役で、この
    二人の間に入り込んでくる悪役が、なんと長谷川一夫という変わった配役でしたが好演
    しています。

    そして彼の経歴も変わっています。生まれたのは大正4年(1915)ロンドンです。帰国まで
    ヨーロッパ各地で軽業師をしていた父親と3歳で帰国、青年になった彼は日本俳優学校
    を卒業、兵役を経て東宝劇団、劇団文化座に在籍しましたが、その頃にはもう並行して
    映画に出演していて当時から悪役が多く、幅の広い悪役俳優として映画界のみならずテ
    レビ界からも重宝がられたのです。
    若いころに肺結核を患い、手術で片方の肺を失っていますが、やはりそれが原因で平成
    8年(1996)に80歳で亡くなりました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (23)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 周辺雑記 「あれやこれや」 | トップ | 映画 「ジェイソン・ボーン」 »
最近の画像もっと見る

23 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
映画俳優として~ (zigen)
2016-10-17 12:45:18
「座頭市 海を渡る」では、なんとほぼ半裸の馬喰・藤八役。しかも、太刀を背負い、弓を射って大殺陣!
座頭市と堂々の渡り合いは、画になる映画俳優の面目躍如、といった一作でした。永田哲朗氏の各チャンバラ書籍には出てこないかも知れませんが、素晴らしい殺陣でした。

山浦勲も内田朝雄に負けず劣らず、口跡が良いので贔屓の映画俳優でした。
中島様 (タム親父)
2016-10-17 13:55:49
こんにちは。

「ある殺し屋の鍵」では、今でいうラスボス的な位置にいるのが山形さんで、その下の中ボスが西村晃さん、現場を仕切るのが中谷一郎さん、アウトソーシング先が雷蔵さんという構図でしたね。(ネタバレでしょうか?)
「密命」の元外務大臣役もさすがの貫録でした。先週もお話ししたテレビの「華麗なる一族」では、大蔵大臣役でした。伊東光一さん以上に、「偉い人の役」が似合う方だったと思います。

11月3日、今からワクワクしています。
山形勲の誤りでした… (zigen)
2016-10-17 20:00:24
山浦は、昨年12月亡くなった友人でした…

失礼いたしました。
山形 勲さんの大映でのご活躍、パートⅡをありがとうございます。。 (年々再々)
2016-10-18 06:03:58
「地獄門」の写真をアップしていただきまして、ありがとうございます。

 以前に放送されたテレビ時代劇「剣客商売」、山形勲さんと加藤剛さん出演を、CS放送で見る機会がありました。
 「剣客商売」の秋山親子の演者については、皆様それぞれにご贔屓の方がおありかと思いますが山形 勲さん、いいんですよ。

おはようございます。 (中島けん)
2016-10-18 09:22:47
zigenさん

この人が大映に専属でいたらいいなと思った俳優さんの一人です。
役柄の幅が広いのが素敵でしたね。

おはようございます。 (中島けん)
2016-10-18 09:26:38
タム親父さん

今では考えられないくらい当時の脇役陣は層が厚いですね。
いい作品が出来る筈だとつくづく思います。

3日のオフ会は楽しい会になりそうです。南美川洋子も張り切っていますよ。

Unknown (中島けん)
2016-10-18 09:28:23
zigenさん

お気になさらないでください。
私はしょっちゅうミスしています。(笑)

おはようございます。 (中島けん)
2016-10-18 09:31:41
年々再々さん

たしかに。藤田まこともいいですが、この人も良かったですね。
当時の脇役の方の写真が少なくて苦労しています。(笑)

剣豪のオーディション (わすれな草)
2016-10-18 10:07:27
中島さま

山形勲さんというと、美空ひばりさんの撮影レポで
《ひばりさんをイジメているのは山形さん》
とコメントしていたのが可笑しかったです
追伸です。 (わすれな草)
2016-10-18 10:12:57
すみません! タイトルにも書いたのに、うっかりしました。
「七人の侍」で侍を採用する際に腕試しされ、それに気付き
怒りの言葉を、ひと言、発して去る役もされてましたよね。
Unknown (中島けん)
2016-10-18 10:40:23
わすれな草さん

凄いなー。とてもよく覚えておられるのに感心します。
映画はいつまでも残るのでいいですねー。

中島様 (タム親父)
2016-10-18 16:32:21
こんにちは。

山形さんとも大映とも関係なくて恐縮です。東宝に在籍していた笹るみ子さんの訃報に接しました。周知のようになべおさみさんの奥さまですが、小柄で、昭和30年代の東宝映画には欠かせない脇役の方だったと思います。特に、岡本喜八監督の「大学の山賊たち」のデパートガールの役が印象に残っています。
各社の宣伝部の方は、やはり他社作品の封切りなどをチェックされていたのでしょうか。昔の雑誌で、加山雄三さんのデビュー作「男対男」を見た日活の宣伝部の方が、「彼はアクションものに進むべきだ」というコメントをしていたのを読んだことがあります。
おはようございます。 (中島けん)
2016-10-19 09:31:29
タム親父さん

笹るみ子さんは私も覚えています。主役は難しいけど脇役として目立つ子でしたね。
宣伝部は他社作品や宣伝を必ずチェックしていました。私も全館のフリーパスをもらっていて
巡回していましたよ。

全館のフリーパス (わすれな草)
2016-10-19 10:12:35
中島さま
 
上記↑の投稿、たまたま覚えていたことで、、、日常はぼんやり人間です。

「七人の侍」では、仲代達也氏が歩くだけの場面に中々OKがでなかった話を
黒澤品のインタビューで述べられてますが
山形勲氏の、場合はどうだったのかしら。と想像してしまいます。

フリーパス、それも全館なんですか! 以前のブログのレスで
  >映画社、各社間で仲が良かったですよ。
の意味を書かれたことありましたが、僭越乍ら背景が解る気がしました。
お仕事にもえていらした姿が目に浮かびそうです。

一生懸命働かれ、海外旅行などの多趣味。
理想的な生き方。  と思っている人沢山だと思います。

そしてこのブログでいつまでも愉しませて下さい。
こんにちわ。 (中島けん)
2016-10-19 16:32:58
わすれな草さん

私が持っていたパスは福岡市の映画館は全館入れるもので、
各映画会社の支社長と宣伝課長が貰っていました。便利でしたよ。

渋い役者さんでしたね (小三太夫(改4))
2016-10-22 20:29:02
山形さんは演技力もさる事ながら、あの大きい顔に存在感が有ってスゴイ迫力でした
各社、悪役としての存在感の有る脇役として重宝されたと思います。

>けんさん
 3日の集まり、不束者ですが、どうぞよろしくお願いします。
 けんさんをはじめ、皆様にお会い出来る事を楽しみにしております。

>わすれな草さん
 こんにちは。
「七人の侍」の侍のスカウトシーンには仲代さんの他に宇津井健さんも出ておられましたが、大映映画でも度々 出演されて居る 清水元さん(「鉄腕アトム」のアトム役の声優 清水マリさんのお父様)が、やはり、道端で声を掛けた百姓達に怒り、一喝して立ち去る「槍を持った髭の侍」役でチラリと出て参ります。
おはようございます。 (中島けん)
2016-10-23 09:32:17
小三太夫(改4)さん

3日の南美川洋子とのオフ会は、私も楽しみです。
こちらこそ宜しくお願いします。

わすれな草樣、小三太夫様 (タム親父)
2016-10-23 10:17:16
こんにちは。

「七人の侍」前半の侍探しのところで、木賃宿にとぐろを巻いている人足が多々良純さんと東宝の名脇役である堺佐千夫さん、そしてサイレントの時代にハリウッドで活躍した上山草人さんが琵琶を弾いているというシーンもありましたね。私にとっては唯一の上山さんとの出会いでした。
タム親父さま、小三太夫さま (わすれな草)
2016-10-24 21:30:53
こんばんは!

》小三太夫さま
 宇津井健さんは、気がつきませんでしたが
 髭の侍役は、インパクトありましたね。芸名初めて知りました。
 娘さんのアトムの声は、イメージぴったりで懐かしいです。

》タム親父さま
  上山草人さん、あわれみが滲み出ていましたね。
  名脇役と、いわれた方々が沢山わずかな場面にされてのですね。
 
何だかDVD観たくなってしまったので 後日観ます。
映画館で鑑賞する機会なかったので、これで我慢してるのです。


中島さまのおかげで、 
中島さまからも、皆さまからも色々知ることができて有難たいです。
中島さま、皆さま、有難うございます。
わすれな草樣 (タム親父)
2016-10-24 22:02:40
ありがとうございます。

清水元さんは、大映や東宝などの作品に数多く出演されています。悪役も多かったですが、テレビの「マグマ大使」では、地球の創造主であるアース様の役で、マグマ一家を優しく見守り、導くという役回りでした。あと、東宝の「日本海大海戦」では、バルチック艦隊を発見してやたらに興奮する、特設巡洋艦信濃丸の艦長役でした。この映画と、新東宝の大作「明治天皇と日露大戦争」を見比べてみるというのも面白いと思います。両方に出演しているのが藤田進さんと田崎潤さんです。
タム親父さま (わすれな草)
2016-11-17 07:33:55
中島さま
   すみません! 場所おかりします。

タム親父さま
  気がつかないままで失礼しました。
 清水元さん情報有難うございました。
 「明治天皇と日露戦争」は、子供の頃観ましたが
 嵐かんさんしか記憶に残ってないです。

 藤田進氏といえば、学生時代にNHKの近くのレストランで
アルバイトをしていた時に、来店されて

着慣れたコートを、さりげなく脱ぐ姿が格好よかったです。
気さくにコーヒーを注文され、程なくして男性一人が見え
注文に行ったら、男性が藤田氏に注文を促し

『僕はコーヒー頼みました』と言ってから 
私に『ねっ?!』・・・・そうだよね?という感じで
声かけてくれ、なんかこの方、いい人だなぁ。
と思ったことあります。
そのあと、インタビューを受けてる様子でした。

 私は、この方と田崎潤氏、目や、体型が相似形で
中々 区別できませんでした。
わすれな草樣 (タム親父)
2016-11-17 08:29:38
無理に読んでいただいて恐縮です。

田崎さんは、「明治天皇~」では東郷平八郎役でした。

「誓って大み心に添い奉ります」というようなせりふが

たくさん出てくる作品でしたね。

藤田さんと田崎さんは、東宝特撮ものにおける二大司

令官役者です。確かにキャラがかぶっているかもしれ

ませんね。藤田さんの司令官役が一番よかったのは、

東宝の「青島要塞爆撃命令」だと思います。

これからもよろしくお付き合いください。
タム親父さま (わすれな草)
2016-11-17 12:51:53
いえ、いえ、無理だなんてことは決してありません。
いつも明るくて、詳しいコメントを楽しみにさせて頂いてます。
また、こういう場合は、教えて下されば有難たいです。
こちらこそ、宜しくお願いします。

東郷平八郎役されたのですか・・・・
こういう立派な方の役にピッタリな気がします。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。