映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「ムーンライト」

2017年04月19日 | 日記
 
   

    今年のアカデミー賞は「ラ・ラ・ランド」という大方の予想を覆して、作品賞ほか脚色賞、
    助演男優賞の3部門を受賞した異色のヒューマンドラマです。
    マイアミを舞台に自分の居場所とアイデンティティを模索する少年の成長を、少年期、
    ティーンエイジャー期、成人期の3時代構成で描いており、それぞれを3人の俳優が
    演じています。

    物語はマイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャロンの成長を通じて、LGBT(レズ
    ビアン、ゲイ、バイセクシュアル、トランスジェンダー)を超えた感情を映像化したもので
    す。プロデューサーはアカデミー賞受賞作「それでも夜は明ける」も手がけたブラッド・ピ
    ットが製作総指揮し、監督は本作が長編2作目となるバリー・ジェンキンスです。母親役
    に「007」シリーズのナオミ・ハリス、麻薬ディーラー役にテレビドラマ「ハウス・オブ・カー
    ド 野望の階段」のマハーシャラ・アリが配されてします。

    優れた作品であることに間違いはないのですが、これがアカデミー賞作品賞を獲った作
    品とは今でも思えませんし、やはり政治的な配慮があったと勘ぐる私です。
    作品の背景となった異色の社会に対して、もう少し知識を持っていたら更に面白く見るこ
    とが出来ただろうと、少々悔やんでもおります。
    随所に見せてくれる素晴らしいカメラワーク、少年時代から青年になってからの母と子の
    会話もまた素晴らしい場面ですが、私の好き嫌いで言うと嫌いな分野なので、これ以上
    褒めることが出来ません。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 「PとJK」 | トップ | 楽しかった旅の一コマ (129) ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。