映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「武曲 MUKOKU」

2017年06月20日 | 日記

  

    芥川賞作家・藤沢周の小説「武曲」を映画化です。現代の鎌倉を舞台に、生きる気
    力を失った凄腕剣士と、天性の剣の才能を持つ少年が繰り広げる宿命の対決を活
    写したもので、自堕落な日々を送っている剣道5段の矢田部研吾。彼の師匠である
    僧侶・光邑は、研吾を立ち直らせるため、ラップのリリック作りに夢中な高校生・羽田
    融を送り込みます。融は剣道初心者なのですが、本人も気づかない恐るべき剣の才
    能を秘めている男。二人は魂の決闘を繰り広げることに・・・。
    綾野剛、村上虹郎、前田敦子、風吹ジュン、小林薫、柄本明というキャスト。監督は
    「私の男」の熊切和嘉です。

    製作者は「オーバー・フェンス」に次いで永田守、大映副社長だった永田秀雅氏の次
    男で永田雅一のお孫さん。彼らが新しいスタイルの映画作りに励んでいることは理解
    出来るし、野心的で意欲的な作品にチャレンジしている態度は好感を持ちます。
    と言ってもこの作品から広義の面白さを見つけるのに少々苦労しました。真剣を使わ
    ずに、木刀と竹刀で作り出した剣の迫力は相当なものだし、僧侶であり剣道の師匠で
    もある柄本明の役柄と演技も見ものでした。
    それでももう少し娯楽とは何かを考えないと、興行的には成り立たないのではないか
    と心配です。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大映宣伝部・番外編の番外 (1... | トップ | 映画 「22年目の告白-私が... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。