映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「追憶」

2017年05月17日 | 日記

  

    「鉄道員(ぽっぽや)」「あ・うん」などを手掛けた監督・降旗康男と撮影・木村大作が
    9年ぶりにタッグを組み、岡田准一を主演に迎えたヒューマンサスペンスで、ひとつ
    の殺人事件の刑事・容疑者・被害者として再会した幼なじみ3人が、心の奥に封印
    してきた過去と向き合う様子を描いた作品です。
    岡田准一、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、木村文乃、安藤サクラ、吉岡秀隆らの顔
    ぶれに、主人公の母親役で出ているりりィの遺作でもあります。

    私はわざと事前に何も調べないでこの作品を見ました。俳優さんたちはみんな個性
    的でいずれも好演です。物語の展開は最初から思わせぶりたっぷりで、それが上手
    くつながって行けばいいのですが、仕上がりは全体的に肉圧が薄く、思わせぶりが
    上手く消化されていません。
    原因は脚本のネリが悪いのと演出の力不足です。捜査会議のシーンでは6台のカメ
    ラで全方向から狙ったカメラで一発撮りをやったそうですが、特に効果があったとは
    思えませんし、力を入れるべき場面が他にあった筈。結局は折角面白い題材なのに、
    中途半端な作品になってしまい残念の極みです。




ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「PARKS パークス」 | トップ | 楽しかった旅の一コマ (132) ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
降旗監督からのメッセージ (総太郎)
2017-05-17 17:26:32
こんばんは。

中島様の御感想、中々鋭いと感じます。

只、現在の映画界で、孤軍奮闘されているような降旗監督始め、スタッフの方々の意気も存じるだけに、純粋に良質な作品だと感じましたので、個人的には、素直に敬意を表明したい気持ちです。

本年、素直に良かったと感じたのはスコセッシ監督の「沈黙」と本作位でしょうか・・。

降旗先生からは、中島様並びに大映テレビ・安倍道典様にくれぐれも宜しくお伝えくださいとの事でしたので、改めてこちらの場をお借りしてお伝えさせて頂きますm(__)m

昨年12月、某関係者の方を通じて降旗先生らとささやかな忘年会のお誘いを受けたのですが、都合で参加出来ませんでしたが、近々、降旗監督とまたお会いする可能性もございますので、
また色々なお話を伺えればと思っております。

テレビ朝日「二人の事件簿」シリーズ
TBS「夜明けの刑事」シリーズ
「赤い」シリーズ等、
大映テレビでのお仕事にも降旗監督は心より感謝と誇りをお持ちでした!

「大映おとなの映画祭」の御盛況、御成功もお祈りしつつ、
また、タム親父様の御冥福を改めてお祈り致します。
Unknown (中島けん)
2017-05-19 08:48:48
総太郎さん

コメント有難うございます。大映テレビの安倍さんのも必ず伝えます。
最近の映画は、特に邦画ですが脚本が弱いのが大ネックになっています。
監督がカバーすればいいのですが、それが出来ない状況もあります。「追憶」は
脚本がまったく駄目だったと思っています。
「大映女優祭」には南美川洋子さんを出演させ、トークショウなどをやる予定です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。