映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「イップ・マン 継承」

2017年06月16日 | 日記

   

    ブルース・リーが性生涯唯一の師匠と崇めた「詠春拳」の達人イップ・マンの半生を
    描いたシリーズ第3作です。
    イップ・マンには「ローグ・ワン スター・ウォーズ・ストーリー」「トリプルX 再起動」など
    ハリウッドでも活躍するドニー・イェンが演じ、前2作「イップ・マン 序章」「イップ・マン
    葉問」に続き、ウィルソン・イップが監督を務めています。

    1959年の香港。町を牛耳る外国人フランクの暴挙の前にイップ・マンが果敢に立ちは
    だかりますが、それは彼の家族を命の危険にさらすことを意味もしています。さらに、
    武術「詠春拳」の正統をめぐり、イップ・マンは死闘に挑まざるを得ないことになるので
    す・・・。
    ドニー・イェンのほか、元ボクシング世界ヘビー級王者のマイク・タイソンがフランク役
    で特別出演して話題になっています。

    とにかく格闘シーンは文句ない出来ですが、その他はいま一つの感がある作品でした。
    しかし興行価値を充分に心得えていて、ちゃんとツボを押さえているのは流石です。な
    にしろこの国には十分な製作資金がありますので、ボヤボヤしていると他国は追い抜
    かれる心配というか、恐れを感じさせる一本でもありました。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 嬉しかったこと二つ! | トップ | 大映宣伝部・番外編の番外 (1... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。