映画が中心のブログです!

中島けんです。新しい映画や舞台の感想を中心に、大映の思い出、海外旅行・地元の話題などを写真付きで書かせていただきます。

映画 「花戦さ」

2017年06月14日 | 日記

   

    野村萬斎が、戦国時代に実在した池坊専好という京都の花僧に扮し、天下人である
    豊臣秀吉に専好が単身立ち向かう姿を描いたエンタテインメント時代劇です。
    織田信長が本能寺で倒れ、天下人が豊臣秀吉へと引き継がれた16世紀後半。戦乱
    の時代は終わりを告げようとしていたが、秀吉による圧政は次第に人々を苦しめます。
    そんな中、町衆の先頭に立った花僧の池坊専好は、花の美しさを武器に秀吉に戦い
    を挑んで行くのです。
    萬斎が池坊専好を演じるほか、豊臣秀吉役に市川猿之助、織田信長役に中井貴一、
    前田利家役に佐々木蔵之介、千利休役に佐藤浩市と、他にも高橋克己、森川葵、和
    田正人、吉田栄作、竹下景子などが顔を揃えています。

    ヤフーの映画欄などで皆さん褒めているので期待して見ました。でもこんなに面白い
    題材を大半コミカルな扱いにしたことが大間違いで、随分と製作費をかけた割には見
    苦しい場面が多かったのが誤算だと思います。それでもそろそろ面白くだろうと思いな
    がら見ていて、とうとう最後まで面白くないまま終わりました。俳優個人の好演はありま
    すが、演出もテレビ演出でアップが多すぎるし、ナレーションは多用するし、挿話は中
    途半端が多いし、脚本が稚拙なのが輪をかけています。期待外れもいいところでした。




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画「LOGAN/ローガン」 | トップ | 嬉しかったこと二つ! »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。