HAYASHI-NO-KO

立山別山からの劔岳

イヌホオズキ(犬酸漿)

2017-01-15 | 白色 冬

明石川右岸の堤防上の道路。
いつもアツミゲシやヒメヒレアザミを撮る場所。
今年はまだアツミゲシの芽生えをここでは撮っていない。

イヌホオズキ、オオイヌホオズキ、アメリカイヌホオズキ
それぞれに幾つもの特徴が並べて解説されている。
面倒だからイヌホオズキ…になっている。


花冠裂片は切れ込みが浅く、幅広。

(2017.01.11 北王子町)

果実の黒艶からはアメリカイヌホオズキ。
花はかなり多いから、オオイヌホオズキ。








果実は6個、既に2個は落ちて萼だけが残っている。









イヌホオズキ(犬酸漿)
 ナス科ナス属 Solanum nigrum
オオイヌホオズキ(大犬酸漿) Solanum nigrescens
アメリカイヌホオズキ(亜米利加犬酸漿) Solanum ptychanthum
(2016.12.31 北王子町)
--------------------------------------------------------------
イヌホオズキ アメリカイヌホオズキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アレチニシキソウ(荒れ地錦草) | トップ | オオイヌノフグリ(大犬の陰嚢) »

コメントを投稿

白色 冬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。