HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

オオキバナカタバミ(大黄花片喰)

2016-12-31 | 黄色 冬

オオキバナカタバミ、オキザリス・セルヌア。
そう呼ばれることは無いだろう、花壇に咲いていない。
春には一面の黄色を見ることさえある。
ここでも雑草の中に花茎を伸ばして咲き誇る。

今はポツリポツリ。




(2016.12.31 林崎町)












葉には特徴的な茶色の斑点がある。
オオキバナカタバミ(大黄花片喰)
カタバミ科カタバミ属 Oxalis cernua(=Oxalis pes-caprae)
英名にBermuda buttercup、Cape Sorrel、African Woodsorrel
(2016.12.19 西新町)


春にはこんな広がり、かなり急な田んぼの法面に群れている。
--------------------------------------------------------------
今年のオオキバナカタバミ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セッカニワゼキショウ(雪花... | トップ | キンセンカ(金盞花) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。