HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

ネジキ(捩木)

2017-03-10 | 冬芽・葉痕

何度も撮るけれど、木はさほど大きくは無い。
主幹は枯れてしまうのではないか…と気になるほど、蘖が出て来ている。














(2017.03.04 須磨離宮公園)

確か、長谷池にあった…、そう思って雪が舞う中を急いだ。
そこまでしなくても、撮る場所は他にあるのだけれど。




果実の殻がまだ残っていた。







(2017.02.13 森林植物園)

去年、ここで冬芽を撮ったのは根元辺りから出ていたヒコバエ。
上を見ているばかりでは見つからないものもある。

ひこ‐ばえ【蘖】の国語辞典解説から。
「孫 (ひこ) 生え」の意。
切り株や木の根元から出る若芽。
余蘖(よげつ) 




















(2017.01.28・31 須磨離宮公園)
























ネジキ(捩木)
ツツジ科ネジキ属 Lyonia ovalifolia ssp. neziki(=
Lyonia ovalifolia var. elliptica)
別名カシオシミの意味はわからない。
(2017.01.13 須磨離宮公園)


春の芽生え、後はジュウガツザクラ
--------------------------------------------------------------
ネジキの花 ネジキの果実

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヒメシャラ(姫沙羅) | トップ | ツタ(蔦) »

コメントを投稿

冬芽・葉痕」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。