HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ノミノフスマ(蚤の衾)

2017-04-28 | 白色 春

久し振りに春の野辺を歩いた。
カラスノエンドウにはアブラムシ、場所によっては一面のナズナ畑。

中八木駅の北、明石西高校の南では一枚だけレンゲ畑。
その横の田んぼでは点々とノミノフスマ。
ここでもスズメノテッポウが穂先を延ばし続けている。












スズメノカタビラも花を咲かせている。

(2017.04.24 中八木)


いよいよ草が繁くなって来た。
スズメノテッポウが畦に沿ってズラリと並び
ヘビイチゴの黄色が広がる。

ここにノミノフスマが咲くから、何とか撮っている。
















ノミノフスマ(蚤の衾)
 ナデシコ科ハコベ属
Stellaria uliginosa var. undulata(=Stellaria alsine var. undulata)
(2017.04.13 新明町)
--------------------------------------------------------------
ノミノフスマ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« モッコウバラ(木香薔薇) | トップ | トウダイグサ(燈台草) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノミノフスマ (とんちゃん)
2017-05-20 07:46:30
TBありがとうございました。
何年か前ではあぜ道や田んぼのための小川に生えていたのを目を細めながら見ていました。
こちらのようにすごくたくさん咲いていたのです
これくらい集まるとなに?って近寄り撮りたくなります~
スズメノテッポウ スズメノカタビラ・・・
よく聞いているのにまだまだ私には遠くて・・・
ともかくもノミノフスマには特別な美しさを感じ愛でたくなります
長く伸びた花柄が目立ちますね
特別…でしょうね。 (林の子)
2017-05-20 09:19:39
雑草を野草と言い換えたくなるのは、こんな花姿に出会う時でしょうか。
私には相変わらずの雑草ですが、田んぼの畦などで撮っていると、話しかけられます。
そんな中に、少し興味を示される方がいらっしゃると、ルーペをお貸しします。
そうするとたいてい、こんな花が咲いているんですね…となる。
そうすると、その方は次の年にも同じ場所でご覧になる…。
一つ一つを丁寧に…なんて出来なくても、気がつかなかった事が見えるだけで、特別になる事もあるような気がしています。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。