HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

アツミゲシ(渥美罌粟)

2017-04-09 | 紫色 春

草丈10㌢程度で花が咲く。
だから当然芥子坊主も付ける。
大株になる必要も無いから、ナガミヒナゲシ同様に増える。
ただ個体数は多くないだろうから、爆発的な広がりにはならない。


















(2017.04.02 林)



次の蕾







咲いた。
草丈150㎜、径25㎜、一輪。


(2017.03.12 林)

次々と見つかる幼苗。
駆除するのならこの段階で抜き取ってしまうのが適切だ。










(2017.02.14 林)








(2017.02.12 船上)








(2017.02.10  林)


(2017.02.08  林)

渥美芥子、長実雛芥子、鬼芥子が揃っている。
花の咲く前にやるなら駆除。
咲いてしまえば手遅れだ…と、何度言っても効果無し。


渥美芥子と長実雛芥子





アツミゲシ(渥美罌粟)
 
ケシ科ケシ属 Papaver setigerum
(2017.02.03 立石)

 
左が渥美芥子、右が長実雛芥子
 


--------------------------------------------------------------
アツミゲシのロゼット

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌコハコベ(犬小繁縷) | トップ | ユキヤナギ(雪柳) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。