HAYASHI-NO-KO

穗高連峰(北穂) 南岳から

コレオプシス・

2017-06-23 | 黄色 夏

去年、同じ花の画像にこう書いた。
野辺に咲くこの種の園芸種を見ると捨て犬、捨て猫を連想する。
飼えなくなった捨てる、増えすぎたから捨てる、人間の驕り。
植物の場合は、捨てるのがかわいそうだから…と、花壇以外の場所に「植える」
園芸趣味を持つ人たちの勝手な論理がまかり通ってしまう。
自然に咲いているものでは飽き足らずに
幾つもの園芸種を作り出すことの方が有害なのかも知れない…と思うのだけれど
花を栽培する、ガーデナーにとっては有用なのだろう。

その意味では、勝手に花壇に入り込む雑草の方がマシなのかも知れない。
昔はそこに自然に育っていたのだろうから。

今年も全く同じ感想を持ちながら撮っている。






















(2017.06.15 船上)













コレオプシス・ Coreopsis 
(2017.06.08 船上)
園芸上では春車菊、蛇の目菊(Coreopsis tinctoria)、
時にはベニジウム(Venidium fastuosum 別名にカンザキジャノメギク)
など幾つもの呼び名で売られているのだが、同じ名前で別の花が幾つもあり混乱している。
おまけに作りだした会社が幾つもの愛称をつけている。

--------------------------------------------------------------

コレオプシス・
ハルシャギク コレオプシス ムーンビーム 
三年前の話

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アフリカハマユウ(阿弗利加... | トップ | エリカ・コロランス「ホワイ... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。