HAYASHI-NO-KO

穗高連峰(北穂) 南岳から

コデマリ(小手毬)

2017-05-15 | 白色 春

ユキヤナギが終わるとコデマリ、花の付き方が違う。
ユキヤナギは散形花序、一点から花柄がほぼ同じ長さで出て小さな花。
コデマリは散房花序、花柄は上に向かって順に短くなっている。







(2017.05.06 須磨離宮公園)

何故か河川敷にコデマリ。




横から見れば、散房花序の特徴。









コデマリ(小手毬)
 
バラ科シモツケ属 Spiraea cantoniensis
(2017.04.27 明石川)
--------------------------------------------------------------
去年のコデマリ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« サンザシ(山査子) | トップ | クスノキ(樟の木) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。