HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

ニンジン(人参)

2017-07-16 | 白色 夏

畑のニンジン。
園芸種を畑には植えないだろうし、収穫しても売れないものも上ない。
ノラニンジンなども植えないから、普通のニンジン。



ニンジンの花序、円盤形になるものとこのようにドーム形になるものが混在している。


ところが花期が終わり果皮から棘(ヤブジラミなどでは先端が鉤形になっている)が伸びで
目立つ頃には、殆どの花序は円盤を丸める形になってゆく。






棘はどんどん生長して、茶色になる頃にはかなりの硬さ、だから痛い。




ドーム形はあくまで昆虫たちを呼ぶための形だったかも知れない。


生長過程の果実の集まり、いわゆる「鳥の巣」である。


出来上がりの果実は熟すと二個に割れる、それぞれに種子が一個入っている。


果実や周囲の棘はヤブジラミに似ているのに、数はその比ではないくらいに膨大だ。
ヤブジラミは、動物にひっついて運んで貰う為の手段として果実に鉤を付けている。
こちらは草丈が高くなりすぎているから、種子を運んで貰う…形態は採っていない。
むしろ棘は鳥や昆虫類に食べられない為の手法なのだと思える。


(2017.07.13 田町)


家の庭にニンジン。










ドーム型の花序。






円盤形の花序。


ニンジン(人参)
 
セリ科ニンジン属
Daucus carota var. sativus(Daucus carota subsp. sativus)
ノラニンジンの変種(或いは亜種)とされる場合と、同じ学名Daucus carotaを付与される場合がある。
漢名は胡蘿蔔(こらふ)
ノラニンジン セリ科 ニンジン属 Daucus carota
学名上ではノラニンジンがニンジンの元?とも思えるのだけれど。

(2017.07.02 南貴崎町)
--------------------------------------------------------------
今年のニンジン ノラニンジン

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ヘクソカズラ(屁糞蔓) | トップ | ナツフジ(夏藤) »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ニンジン (とんちゃん)
2017-07-17 13:54:21
TBありがとうございました。
この花の咲き方は面白いですね
ドーム型というのはぴったり!
どんどん丸くなっていく様子がすごく面白いです
先っちょにまだピンク色した花が咲いている最中でも丸くなるなんて!
全員丸まり協力し一致団結という風にも見えてきました。
守りの体勢みたい!
ノラニンジンも… (林の子)
2017-07-17 21:06:19
幾つかのページにはニンジンが野生化してノラニンジン、幾つかのページにはノラニンジンを改良してニンジン…。
どちらが先かと言う議論?よりも、花の出来具合にしか興味が無ければ、それで良し…と思っています。
何事も深くやる事の意味は大きいのでしょうが、自分の技量の範囲を越えないようにしたいですね。
ニンジンを自宅の庭に植えた方も、花を楽しみたい…と言われました。
先日はゴボウの花を絶対に見たいね…と言った二年前の約束を守ってくれた人もいました。
http://blog.goo.ne.jp/ken328_1946/e/70fc51e8245875d373f4cb7747ec7484
そう言うことですね。
あれもこれもやっている時間の余裕がない時は、気にいったものを撮っているのが一番です。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。