HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

マルバツユクサ(丸葉露草)→ フラサバソウ

2016-12-28 | ロゼット・芽生え

夏に広がり過ぎていたから一部を引き抜いて放置していた。
そこに次々と芽生え。
このままだと同じように広がるだろうからそろそろ整理しておこう。












(2016.12.28 林)






ここに咲いていた記憶は無い。
たぶん、動かした土に種子が混じっていたのだろう。

(2016.12.27 林)




(2016.12.19 林)

まだやっと芽生えたばかりだから当分はこのままにしておこうと思う。

葉が4,5葉出て来た段階まで待って
バラバラに芽生えているものは纏めておかないといけないと思っている。

そうでもしておかないと雑草の類いは、次に種子を零す場所が何処なのかわからなくなる。
『採取出来れば種子を確保する株だけ残して、後は処分した方が良いですね…』と
木場の帰化植物見本園で教わった。




(2016.12.17 林)












(2016.12.11 林)


もう一ヶ所、ここは抜き取ったマルバツユクサを積み上げていた場所。
環境は良くないけれど零れた種子からの芽生え。






(2016.12.08 林)


フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ) 
オオバコ(←ゴマノハグサ)科クワガタソウ属 Veronica hederifolia
種小名hederifoliaは「蔦の葉」の意味
マルバツユクサ(丸葉露草)
ツユクサ科ツユクサ属Commelina benghalensis
【訂正】 当初、フラサバソウとマルバツユクサが同じ場所で広がっていた記憶から、
こちらをマルバツユクサとしていた。
考えてみれば、ツユクサはまだまだ芽生えないからとんでもない間違いだ。

(2016.12.04 林)
--------------------------------------------------------------
今年のフラサバソウ
マルバツユクサの閉鎖花・地下茎 マルバツユクサ・最終章

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シンジュボシマンネングサ(... | トップ | イヌノフグリ(犬の陰嚢) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。