HAYASHI-NO-KO

双六岳北望 左から薬師岳、三俣蓮華岳、水晶岳(遠く立山)、鷲羽岳

アメリカスズカケノキ(亜米利加篠懸の木)

2016-11-12 | 樹木 果実・葉

カサコソと音を立てて落ち葉が吹き寄せられている。
サクラやアベマキも混じっている。







風は少し冷たいかも知れない。

枯れ葉が幾つも舞い落ち始めている。
剛ノ池の周辺では散り果てた桜の樹もあった。

アメリカスズカケノキも幾つかは強い風に舞い落ちている。




















先端に「玉」が下がっている枝には、葉が残っていない。
やや尖って見えるのが、葉柄に隠されていた冬芽。


スズカケノキの冬芽は、葉柄に包まれて保護されている。
「葉柄内芽」を保護していた葉柄。


葉が落ちると言う事は、冬芽が膨らみ始めている…と言う事だ。

(2016.11.01 明石公園)


何となく秋色。

葉が舞い落ち始めると秋から冬。

大樹でも草でも、しっかりと季節を感じている。
右往左往しないでのんびり構えよう。














アメリカスズカケノキ(亜米利加篠懸の木) スズカケノキ科スズカケノキ属 Platanus occidentalis
(2016.10.18 明石公園)
-------------------------------------------------------------
アメリカスズカケノキ  モミジバスズカケノキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハクモクレン(白木蓮) | トップ | アキニレ(秋楡) »

コメントを投稿

樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。