HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

イヌコハコベ(犬小繁縷)

2017-02-12 | 草 果実・種子

いつの間にか地面を這い回って広がっている。
花弁が無いから花が咲いた…とは気付かない。
気付かない間に花が咲いて種子が零れている。
















(2017.02.10  林)

コハコベと違って目立つ花弁は無い。

それでもしっかりと種子は出来上がっているのを暮れに撮った。




(2017.02.01 林)


コハコベに似て、茎は赤紫色を帯びている。
葉は小さい。









ここまでしか開かないし、開く必要も無いのだろう。
花弁は無い。




おしべは3~5個、子房に寄り添うように伸びている。



めしべの柱頭は3裂、コハコベと同じ。





左は種子を零した果実、右は子房が膨らんでいる。



イヌコハコベ(犬小繁縷) ナデシコ科ハコベ属 Stellaria pallida
(2017.01.26 林)


暮れに撮った種子
-------------------------------------------------------------
イヌコハコベ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イヌノフグリ(犬の陰嚢) | トップ | スイセン 黄房水仙 »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。