HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ヘラバヒメジョオン(篦葉姫女菀)

2017-06-20 | 白色 夏

これだけ広がっていると、今度はヒメジョオンを探さないといけない。
咲いている場所は至る所だし、植栽からは頭一つ抜きん出ている。
パラパラと咲いているから目立たない…
そう思って外周道路に沿って歩いたけれど
至る所に顔を出しているから目立っている。








(2017.06.19 須磨・高倉台)

去年、玉津ではもの凄いことになっていた。
今年は周囲も含めてすっかり整備されたので再現はならないだろう。
明石川右岸、神戸市側の三角地帯でもこの程度で収まっている。


























茎葉。

花期には根生葉はない。
ヘラバヒメジョオン(篦葉姫女菀)
 キク科ムカシヨモギ属 Erigeron strigosus






こちらは同じ場所に数株出ていたヒメジョオン
(2017.06.09 明石川)


ロゼット


もの凄いことになっていた去年の様子。
 
【再掲画像】 茎、葉の比較。左がヘラバヒメジョオン、右がヒメジョオン。
--------------------------------------------------------------
ヘラバヒメジョオン ヒメジョオン  ハルジオン

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ブタナ(豚菜) | トップ | キリンソウ(麒麟草、黄輪草) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。