HAYASHI-NO-KO

裏劔

トウワタ(唐綿) キバナトウワタ(黄花唐綿)

2017-08-05 | 【独り言】

綿毛が飛び始めている。
難しい言葉を使う人たちの中にはこれを「冠毛」だと説明する方がいる。
分類体系も少しずつ変わっている。
時には、覚えた言葉が全て正しく使われるかどうかは
大した問題じゃない…とおっしゃる方も多い。
大した問題でも無いけれど、偉そうな言葉を口にしながら間違ってもいけない。

それぞれのレベルはそれぞれだろうから。




















トウワタ(唐綿) 
キョウチクトウ(←ガガイモ)科トウワタ属 Asclepias curassavica




キバナトウワタ
(黄花唐綿)Asclepias curassavica f. flaviflora
 (2017.08.03 鷹匠町)

分類体系の違いだからカガイモ科が間違いと言うことでは無い。
ただ従来からの用語では「綿毛」と呼ばれるものの内、
種子についているものは「冠毛」ではなく「種髪」と呼ばれている。

「花弁」と「萼片」を区別する人であれば、この区別も必要だ。
--------------------------------------------------------------
トウワタ  ヤナギトウワタ


『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ネズミノオ(鼠の尾) | トップ | センニンソウ(仙人草) »

コメントを投稿

【独り言】」カテゴリの最新記事