HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ハマスゲ(浜菅)

2016-09-26 | 茶色

咲き遅れた…と感じるのは、手短な場所で撮っているからだ。
野の花は、それぞれの場所でのんびりと育っているものもある。
人の都合で刈り取られたりするから、咲き急ぐ必要もあるだろうけれど
それでものんびり育つものもいる…と言う事だ。

花期など当てにはならない。












(2016.09.24 明石公園)

咲き遅れたのだろうか。
周囲のエノコログサはそろそろ茶色が目立ちはじめている。
その隣で何本かハマスゲが花を咲かせている。


















花期の終わりのものも混じってはいる。





やっとめしべが出始めたものもいる。





中には今から穂を伸ばそうとしているものも混じっている。
ハマスゲ(浜菅)
 カヤツリグサ科カヤツリグサ属 Cyperus rotundus
セイタカハマスゲ Cyperus longus
(2016.09.17 硯町

--------------------------------------------------------------
今年のハマスゲ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アキノノゲシ(秋の野芥子、... | トップ | テンツキ(天突) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。