HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

イタチハギ(鼬萩 クロバナエンジュ)

2017-09-14 | 樹木 果実・葉

まだ葉は緑を残している。
緑だった果実はそろそろ茶色になっている。
目立ちはじめた幾つかの樹木の果実。
人間には食べられないものも幾つもある。














(2017.09.13  明石川


葉はずいぶん茂った。
果実が隠れるように実っている。










(2017.07.19  明石川

新しい葉がまだ広がって、花も咲いていたりする。

それでも花盛りは終わって、春の花は果実になり始めている。
隣にはセンダンが葉を広げている。
花を付けることは無かったから、秋の楽しみはない。








イタチハギ(鼬萩) マメ科イタチハギ属 Amorpha fruticosa
(2017.06.30 明石川)

 
花の頃 芽生えの頃 

--------------------------------------------------------------
イタチハギ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クルマバザクロソウ(車葉石... | トップ | イヌビユ(犬覓 犬莧) »

コメントを投稿

樹木 果実・葉」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。