HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)

2017-08-17 | 樹木 果実・葉

大昔からこの場所にある樹。
かつては日本工具の工場が道路を挟んで二つ。
変則的な三角地帯が二つの道路の間に残されていた。
何度か途中で伐られたけれど生き残っている。










(2017.08.17 田町)


葉痕がハッキリ見える木。
かなりの高木になるけれど、種子からの芽生えも多い。
だから冬芽・葉痕は毎年撮っている木。
花が咲き、今はもう果実が枝先に広がる。

しばらくすれば茶色くなって枝から飛び始める。




















ニワウルシ(庭漆・シンジュ/神樹)
 ニガキ科ニワウルシ属 Ailanthus altissima
(2017.08.10 明石西公園)


冬芽・葉痕
-------------------------------------------------------------
センダンとニワウルシ
冬芽・葉痕2015
センダンの花 ニワウルシの花
センダンの冬芽・葉痕 ニワウルシの冬芽・葉痕

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナハマセンブリ(花浜千振) | トップ | ノウゼンカズラ(凌霄花) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。