HAYASHI-NO-KO

穗高連峰 槍ヶ岳から

ノハラムラサキ

2017-04-19 | 青色 春

こういう花が野辺に咲いていても、そこを歩かないと気付かない。
群れて咲いているオオイヌノフグリは知っていても
その横にこの花が咲いていても気付かない。
キュウリグサは意外なほど知られているのは、やはり群れて咲くからだ。

そのようにして雑草と一括りにされているものは
群れて咲いていないと気がつかない。










(2017.04.16 林)
















ノハラムラサキ(野原紫)
ムラサキ科ワスレナグサ属 Myosotis arvensis
(2017.04.10・13 林)


芽生えの頃、画面下のイヌノフグリは大きく育ってまだ咲いている。
【画像再掲】
 
手前がキュウリグサ、似ている。
ノハラワスレナグサとしていたのを去年訂正した。
--------------------------------------------------------------
今年のノハラムラサキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナイバナ(葉内花) | トップ | 須磨の椿 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノハラムラサキ (とんちゃん)
2017-04-20 08:03:24
まだ一度も出会ったことがないのでこちらを見せて頂くたびにうらやましく思っています
キュウリグサと似ていても葉に優しく抱かれていることが
見分けのポイントになるでしょうか・・・
自分のフィールドで見つけたらどんなに感激するかと・・・
それを思うだけでもドキドキです。

増えて… (林の子)
2017-04-20 10:40:52
去年は二株だったと思うのですが、今年は雑草畑の中で増えてますし、キュウリグサと同じような種子なので、雨が降った後に流されて別の場所でも大きな株になっています。
外では種子を採ることもあるのですが、雑草畑ではそのまま。
花後の種子を採ってお送りしましょう。
キュウリグサと同じですが、葉がかなり育ってから花が咲くのですが、花は僅かしか咲きませんので葉だけで見分けるのは難しいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。