HAYASHI-NO-KO

前穂・奥穂 北穂から

ハナズオウ(花蘇芳)

2017-04-19 | 赤・桃色 春

花蘇芳は、難しい言葉で幹生花(かんせいか)と言う。
幹から直接花が咲くからだ。
大昔の諫早の朝の会話にはなかった。
そんな話などしたとしたら、どんなにか笑い転げたことだろう。

























ハナズオウ(花蘇芳)
 マメ科(ジャケツイバラ亜科)ハナズオウ属 Cercis chinensis
(2017.04.16 須磨離宮公園)
--------------------------------------------------------------
今年のハナズオウ 春爛漫の花の色 -- 一枚の色褪せた切符に --

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハボタン(葉牡丹) | トップ | ハナカイドウ(花海棠) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。