HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

ハンノキ(榛の木)

2017-03-07 | 赤・桃色 冬

京都では、カワラハンノキ
近くにあったツノハシバミをハンノキとしていた。
間違いは気がついた時に直す。
それでも気がつかない間違いは、いつか直さないといけない。














ハンノキ(榛の木) カバノキ科ハンノキ属 Alnus japonica

ハンノキも花粉症の原因になる樹だそうだ。
確かに風に雄花が揺れていると黄色い花粉が飛びかうのだろう。
枝先に花柄が伸びて雄花序がついているので雌花はその下につく。
ヤシャブシ(夜叉五倍子)の雄花序には柄が無く、ハンノキと区別出来る。
オオバヤシャブシは、雌花の方が上につくので区別出来る。
(2017.02.28  京都)
-------------------------------------------------------------
ハンノキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハナイカダ(花筏) | トップ | ヒマラヤヤマボウシ »

コメントを投稿

赤・桃色 冬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。