HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ウラジロチチコグサ(裏白父子草)

2017-06-11 | 草 果実・種子

前回のウラジロチチコグサのページに、身近な場所の「チチコグサ画像」を網羅?した。
次々見つかるものだし、さして珍しいものでもないし
第一、花も見栄えしない上に花後の綿毛は汚らしい。

何処が?と、問われることもまず無い。


幼苗の頃、葉表はまだ濃い緑にはなっていないけれど葉裏はやはり白い。



草丈が伸びるに従っても葉表の緑は濃くなり、茎の白さも目立つ。
花期にも根生葉は残っている。


蕾の先端は赤紫、少し尖って見える。

葉裏、茎には白毛が密集する。



花期が終わり果期に入ると様子が変わる。

果実は下ぶくれ、小さな果実は綿毛を纏って飛び出してくる。





葉裏が白い毛に覆われているから、ウラジロ。

茎全体も同じように白い毛に覆われている。
葉表の緑が濃いから白が目立つ。








ウラジロチチコグサ(裏白父子草)
キク科ハハコグサ属 Graphalium spicatum
(2017.06.03 月見山町)
--------------------------------------------------------------
チチコグサ チチコグサモドキ タチチチコグサ(ホソバノチチコグサモドキ) ウスベニチチコグサ キヌゲチチコグサ 
ハハコグサ セイタカハハコグサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アリウム・ギガンテウム(・... | トップ | チチコグサモドキ(父子草擬き) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。