HAYASHI-NO-KO

剱岳八峰越しに後立山のやまなみ

フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ)

2017-02-10 | ロゼット・芽生え

そうこうしている間に、花が咲いたのだろう。
早くも果実が出来はじめているし、次の蕾も上がっている。
それにしても毛深い。


(2017.02.08  林)






めしべの花柱が見えている。

(2017.02.08  林)

勝手なもので、自宅の雑草畑に出て来る幾つかの内
全部は育てきれない?と、お気に入り以外は目立ちはじめると抜いている。
その淘汰の一つにフラサバソウ。
確かにここで育てなくても何処にでも育っている。






(2017.02.01  林)












(2017.01.25 林)


コゴメイヌノフグリと比べると、余り大きくは育っていない気がする。




(2017.01.18 林)

公園の最奥、第二野球場の南にちょっとした広場がある。
幾つかの雑木が並び、サクラの古木も残っている。
いつもその場所はハコベとヒメオドリコソウが広がる。
園内の周回路はそこから一段高い場所にある子ども広場に続いている。

第二野球場に向かう道の脇にもサクラの古木。
その根元をいつもフラサバソウが埋めている。








(2017.01.04 明石公園)












フラサバソウ(ツタバイヌノフグリ) 
オオバコ(←ゴマノハグサ)科クワガタソウ属 Veronica hederifolia
種小名hederifoliaは「蔦の葉」の意味
(2016.12.30 林)


咲き始めている明石公園のフラサバソウ
--------------------------------------------------------------
今年のフラサバソウ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2月のメジロ | トップ | 気温1度の明石海峡 »

コメントを投稿

ロゼット・芽生え」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。