HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

タケトアゼナ

2017-08-13 | 紫色 夏

アゼナと共生している。
花は少しだけ大きいけれど、ここでは花数は少ない。
花弁に薄紫の斑紋、葉に鋸歯。
小さな花だから区別点も近寄らないと見えにくい。














▲ アゼナ、薄く見えるのがタケトアゼナ。









▲ 葉には葉柄はなく、茎を抱くように対生する。

▲ タケトアゼナもアゼナと同じく葉柄は無いが、こちらには鋸歯がある。



▲ 花柄は長く、花筒も長く見える。



▲ やはり一番の特徴はこの紫色の斑紋だろう。
タケトアゼナ  アゼナ科アゼナ属Lindernia dubia ssp. dubia
(2017.07.30 松江)
アゼナ類は新しい分類体系では、ゴマノハグサ→(オオバコ)→アゼトウガラシ科と変遷し
現在ではアゼナ科
アゼナ属に分類されている。


▲ アゼナ タケトアゼナと違って葉は全縁、花弁に薄紫の斑紋はない。
この個体は褄紅と言う風情だが、タケトアゼナの様な斑紋はない。

--------------------------------------------------------------
アゼナ三種 タケトアゼナ アメリカアゼナ ウリクサ(瓜草)

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ハゼラン(爆蘭) | トップ | アゼナ(畦菜) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。