HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)

2016-09-21 | 草 果実・種子

道路脇に出ているセイバンモロコシは既に果実が出来はじめていた。
ところが河川敷では今から広がり始める…と言うものや
既に草丈が2㍍近くまで伸びたものまでが延々と遊歩道の両側を占めている。
河川敷の荒れ様は今に始まった事ではないけれど
今年は大雨で危険水位まで上がることはなかったから
川筋が変わったりはしていない。
だから殆どの草はそのまま草丈を伸ばし続けている。


今から伸び始めようとしている。





まだまだ茎は細い。

葉舌近くの毛。

おしべ、めしべが揃って伸びている。



















既に果実が出来はじめたものも混じっている。

セイバンモロコシ(西蛮蜀黍)

イネ科モロコシ属 Sorghum halepense(= S. halepense var. propinquum、S. propinquum)
有柄の小穂は雄性で芒はなく、無柄の小穂は両性で芒がある。
(2016.09.17 明石川)
--------------------------------------------------------------
今年のセイバンモロコシ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ノシラン(熨斗蘭) | トップ | ヒメイヌビエ(姫犬稗) »

コメントを投稿

草 果実・種子」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。