HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

カミヤツデ(紙八つ手 通草)

2017-01-30 | 白色 冬

二週間で花は終わった。








(2017.01.28 須磨離宮公園)

ヤツデの果実より、ウドの果実に似ている。
ヤツデの葉も大きいけれど、それよりも大きい。
株そのものが巨大になる。

温室脇で見つけて以来、毎年気にしている。


新しい芽生え。



葉は、巨大。















そろそろ雌性期に入っている。



ヤツデ同様、花盤に蜜が出ているのだろう、蝿が飛んでいた。





カミヤツデ(紙八つ手 通草) ウコギ科カミヤツデ属 Tetrapanax papyriferum
2017.01.13 須磨離宮公園)
---------------------------------------------------------------
一昨年のカミヤツデ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コウヤボウキ(高野箒) | トップ | イタドリ(虎杖、痛取) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。