HAYASHI-NO-KO

立山別山からの劔岳

チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)

2017-04-05 | 黄色 春

ここでは一番花付きの良いレンギョウ、葉の展開は花後。
花冠の幅が狭いからチョウセンレンギョウとしている。
ここにはまだ種子を零した果実の痕が残っている。


多くの花が咲き始めているけれど、葉の展開はまだ。







去年の果実殻が残っている。







めしべはおしべより短い「短花柱花」。
図鑑にはこれを「雄花」と書いているものも多いけれど
しっかりと結実している事を考えると「両性花」とするのが妥当だと思う。










チョウセンレンギョウ(朝鮮連翹)
モクセイ科レンギョウ属 Forsythia viridissima var. koreana
シナレンギョウ(支那連翹)Forsythia viridissima
レンギョウ(連翹) Forsythia suspensa
(2017.04.02  明石西公園

「シナレンギョウの花は雌しべが雄しべよりも長く、チョウセンレンギョウの花は雌しべが雄しべよりも短い」のだが
それを「雌花」「雄花」とする事よりも、いずれもが「両性花」とする方がスッキリする。
そうしないとこの画像の一群に果実殻が残っている事の説明が付かない。


冬芽
--------------------------------------------------------------
レンギョウ シナレンギョウ チョウセンレンギョウ 森林のレンギョウの冬芽 レンギョウ番外

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« レンギョウ(連翹) | トップ | ユキヤナギ(雪柳) »

コメントを投稿

黄色 春」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。