HAYASHI-NO-KO

手前から大喰、中岳、南岳、北穂高、奥穂高、前穂高、西穂 槍ヶ岳からの南望

トウネズミモチ(唐鼠黐)

2017-07-12 | 白色 夏

トウネズミモチの繁殖力を見た思いだ。
ここには植栽されたトウネズミモチが5㍍以上になって何本も茂っている。
そこによじ登っているクズも今は新しい葉を付けて緑濃い。
それでも冬枯れの頃の姿は何とも哀れだ。

ところがこの画像の花は、零れた種子から芽生えたものが
僅か50㌢足らずの樹高にも拘わらず花をビッシリ付けている。
ここからまた次の新しい芽生えがあるのだろう。
人が手入れしないキャンパスの外周、樹も草も勝手に育っている。








(2017.07.09 北王子町)

プリペットが咲き、イボタノキが咲き、ネズミモチが咲いた。
少し遅れて蕾が上がった来たトウネズミモチ、中国原産のネズミモチ。
国産のネズミモチよりも花付きは良い。
果実はほぼ真ん丸。




















(2017.07.01 新明町)








トウネズミモチ(唐鼠黐) モクセイ科イボタノキ属 Ligustrum lucidum
(2017.06.19 須磨離宮公園)

--------------------------------------------------------------
トウネズミモチの果実 ネズミモチ プリペット イボタノキ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ゼフィランサス・シトリナ | トップ | トウワタ(唐綿) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。