HAYASHI-NO-KO

裏銀座 水晶岳南望

イヌビエ(犬稗)

2016-10-14 | 草 果実・種子

ケイヌビエが目立つ。
所々にイヌビエ。
区別すればタイヌビエも混じって育っているのだろう。

ここにイネが育った時代もかつてはあったけれど
今はこんな為体。


まだ幾つかの小穂にはおしべ、めしべが出ている。



小穂には芒がない → イヌビエ 単純にそう覚えている。


左が芒が目立つ程度だけれどケイヌビエだろう。右はイヌビエ、所々にヒロハホウキギク。

殆ど芒の出ていないイヌビエ。

左はケイヌビエ、右がイヌビエ





イヌビエ(犬稗)
イネ科ヒエ属 Echinochloa crus-galli var. caudata
小穂は通常紫褐色、短い芒と剛毛がある。芒は殆ど見えない。
ケイヌビエ(毛犬稗)Echinochloa crus-galli var. aristata
目立つのは芒、それ以外はイヌビエと変わらない。
タイヌビエ(田犬稗) Echinochloa crus-galli var. oryzicola
小穂は長さ4~5.5mm、短い毛と剛毛が生え、時に長い芒をつける。
いずれもが単独には育つわけでもなく、「イヌビエ」とまとめてしまうのが良いのだろう。

(2016.10.04 立石


時に長い芒がある程度だから、タイヌビエ
--------------------------------------------------------------
イヌビエ ケイヌビエ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« オオクサキビ(大草黍) | トップ | イヌツゲ(犬黄楊) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。