HAYASHI-NO-KO

双六岳北望 左から薬師岳、三俣蓮華岳、水晶岳(遠く立山)、鷲羽岳

カラスノエンドウ(烏野豌豆 ヤハズエンドウ 矢筈豌豆)

2016-12-10 | ロゼット・芽生え

とにかく広がる。
広がれなければ立ち上がって伸びてゆく。
とかく雑草の類は逞しい、と言うか厚かましい。

だからこそ、何処にでも広がれるし何処でも撮れる。

夏から秋まで茂っていた草はそろそろ枯れ始めている。
同じ場所では、そろそろ次の春の準備が始まっている。





















この姿の葉が見つかると、何故か安心する。

(20
16.11.15 林)












カラスノエンドウ(烏野豌豆)
 マメ科ソラマメ属 Vicia sativa ssp. nigra
(= Vicia angustifolia =Vicia sativa var. angustifolia)
(2016.11.12 玉津町)
--------------------------------------------------------------
カラスノエンドウ カスマグサ スズメノエンドウ

去年秋、芽生えの頃

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« センダン(栴檀) | トップ | オオアレチノギク(大荒地野菊) »

コメントを投稿

ロゼット・芽生え」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。