HAYASHI-NO-KO

薬師岳 水晶岳から

オミナエシ(女郎花)

2016-10-18 | 黄色 秋

オトコエシと違って目立つ種子は出来ない。
それでも全体は黄色のまま。
まだ咲いている。








(2016.10.17 貴崎町)

ここも野菜畑の外に植えられている。
花は終盤だけれど、遠目には黄色。






(2016.09.04 貴崎町)

何処にでも咲いているモノではないけれど
意外なほど田んぼには育っている。



「秋草の小径」はまだ夏真っ盛り。
それでも少しオミナエシが咲いていた。












(2016.08.18 森林植物園)

黄色が目立つ。
草が空き地一面に茂り、樹の緑も夏らしくなった。
その緑に黄色は映える。
近寄るとそれほどの花でも無いけれどオミナエシが咲いている。

和名に充てられた字面「女郎花」に幾つもクレームが書かれている。
語源についての説明にも…だ。
だから漢字では書かないのだと言う人もいる。
花の名前一つ一つに、何故クレームをつけたがるのだろう。
















オミナエシ(女郎花) 
スイカズラ(←オミナエシ)科オミナエシ属 Patrinia scabiosifolia
APG分類体系では、カノコソウ属、ノヂシャ属、と共にスイカズラ科に移動している。
いずれも子房には3室あるが1室のみ結実する。
(2016.07.19 貴崎町)
--------------------------------------------------------------
去年のオミナエシ オミナエシ余談

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コセンダングサ(小栴檀草) | トップ | オキザリス・ボーウィ »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。