HAYASHI-NO-KO

立山別山からの劔岳

不明の花 

2016-12-15 | 紫色 冬
ホソバコンギクかも知れないと感じたのだけれど
葉はさほどには細くない。
やはり改良された園芸種なのだろう。


















(2016.12.15 北王子町)


久し振りの不明の花。

一瞥してノコンギクかオオユウガギク、だったけれど葉の様子は違っている。
冠毛もかなり長く伸びている。
別の花を調べていてホソバコンギクかも知れないと感じた。





ヨメナの冠毛は短いから、この長さからはノコンギクの特徴に近い。

冠毛が長く、葉はノコンギク、ヨメナとは違って細い。
そこから、ホソバコンギクに辿り着く。
ホソバノコンギクではなく、ホソバコンギク。
しかし、葉はさほど細くもない。






ホソバコンギク(細葉紺菊)キク科シオン属 Aster microcephalus var. angustifolius
(← Aster ageratoides subsp. angustifolius)

ノコンギク(野紺菊 Aster microcephalus var. ovatus ← Aster ageratoides subsp. ovatus)
センボンギク(千本菊 Aster microcephalus var. microcephalus)
分類体系もキク科では複雑になっており、ノコンギクの一品種とされていたが
最近ではノコンギクも含めて、センボンギクの変種と位置づけされている。

(2016.12.02 北王子町)

 
ノコンギク  オオユウガギク
-------------------------------------------------------------
ノコンギク オオユウガギク

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 画像一覧というページ | トップ | ユズリハ(楪、交譲木、譲葉) »

コメントを投稿

紫色 冬」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。