HAYASHI-NO-KO

劔岳 早月尾根分岐からの南望

ケツユクサ(毛露草)

2017-08-01 | 紫色 夏

河川敷ではもう何年も前に撮ったきりだ。
最初に見つけたのは河川敷だったけれど、度々の雨で水路が変わり
咲いていた場所は何度か水没したから、二度とは出て来ない。

採取していた種子からの生き残り(?)が、細々と残っている。




(2017.07.30  林)

藤沢時代、田んぼの脇で撮ったこの花を照会したところ
「ホウライツユクサ」の名前が届いた。
だから当時はそう覚えた。
その後、明石に戻って河川敷で見つけたモノも同じだと感じた。
調べているとどうもホウライツユクサにしては大きすぎる。

結局「ケツユクサ」に辿り着くのに3年かかった。
その河川敷の一群は何度かの雨ですっかり無くなった。
今細々と咲いているのはそこで採取した種子の子孫だ。






(2017.07.21 林)






▲ ツユクサの花弁は目立つ2枚と、萼と同じ透明な1枚がある。
ケツユクサでは目立つ2枚がこのような色違いになる事も多い。

(2017.07.19  林)

やっと咲いた。
マルバツユクサに遅れること1週間。
ツユクサよりも遅かった。

焦ることは無い。
種子を採らなかったけれど今年も零れた種子から出て来た。
雑草畑の主人公は譲ったけれど、今年も幾つかは撮るだろう。


▲ ツユクサの苞には毛はない。
ケツユクサと呼ばれる所以だ。





▲ 目立つ花弁が2枚、おしべ、めしべの下に透明な萼片が2枚。
その間に、先が尖っている3枚目の花弁が見える。









ケツユクサ(毛露草)
 ツユクサ科ツユクサ属 Commelina communis f. ciliata
(2017.07.13  林)


去年のケツユクサ
-------------------------------------------------------------
去年のケツユクサ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セイバンモロコシ(西蛮蜀黍) | トップ | キキョウ(桔梗) »

コメントを投稿

紫色 夏」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。