HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

スイバ(蓚・酸い葉)

2017-03-10 | ロゼット・芽生え

比較的関西蒲公英が多かった須磨でも
少しずつ交雑種が増えてきている気がする。
セイヨウタンポポが一時期ほどには増えていない…そうだけれど
結局は自然の摂理、交雑が自然…なのだろうと感じてしまう。

それにしてもスイバは…と思わせる広がり方。












(2017.03.04 須磨離宮公園)

関西蒲公英は減ってしまった。
酸葉が猛烈な?勢いで広がっている。














(2017.02.12 明石公園)

入園料支払って…とは言われなくなったけれど
有料公園や植物園で雑草撮るのは勇気が要る。
ただ踏み荒らされていない場所があちこちに残っているので
「きれいな状態」の雑草を撮ることが出来る。

尤も、それでどうした…程度のことなのだけれど。






(2017.01.28 須磨離宮公園)

先週はかなり冷たい風が吹いていた。
気温も零度近い日が数日続いた。
それに比べると日射しがあり、風が殆ど無いから「暖かい」とさえ感じる。








(2017.01.17 明石川)


(2017.01.16 林)

流れが運んできた土砂に育つ草は、殆ど枯れたままの姿。

幾つかの潅木も葉を落として冬枯れだけれど
河川敷には緑が戻り始めている。
その主役になろうと、精一杯ロゼットを広げている草も目立つ。


スイバ(蓚・酸い葉) タデ科ギシギシ属 Rumex acetosa
(2017.01.11 明石川)


ギシギシの芽生え 葉の周辺が波立つようになる、葉柄は同じように長い。



スイバの花
--------------------------------------------------------------
スイバ ギシギシ ナガバギシギシ アレチギシギシ 「羊蹄」のこと

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« シクラメン | トップ | ツルボ(蔓穂) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。