HAYASHI-NO-KO

穗高連峰(北穂) 南岳から

アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)

2017-05-03 | 樹木 果実・葉

まだ蟻のパトロールは始まっていない…と思いながら
桜の葉を撮っていたら、隣のアカメガシワに蟻が…。
基部の蜜腺ではなく、葉の周囲にある蜜腺に一匹。


(2017.05.01 船上)

アカメは赤芽、展開し始めた葉はビッシリと赤色の星状毛に覆われている。
赤色の毛で芽生えたばかりの葉を強い日射しから擁護している。


冬芽時代からアカメガシワは毛に守られている。



広がり始めた葉は、最初期は茶色っぽいものも混じる。

葉表は赤芽と呼ばれるように赤い。
葉裏にも星状毛が生えるが、冬芽時代のままでさほど赤くはない。





葉脈上も星状毛に覆われている。





葉は次第に展開し始め、大きく広がるにつれて星状毛は抜け落ちてゆく。



抜け落ちるにしたがって葉は本来の緑色になってゆく。

アカメガシワの葉裏、主脈とは別に枝分かれした副脈が見える。
葉裏の星状毛は葉表よりは早く脱落する。


ただ全部が落ちてしまう過程では、一部に毛は残る。
点々と赤が見える状態。

アカメガシワ(赤芽槲、赤芽柏)
 トウダイグサ科アカメガシワ属 Mallotus japonicus
(2017.04.12 林崎町)


冬芽・葉痕

--------------------------------------------------------------
冬芽・葉痕 蟻のパトロール  冬芽・葉痕2016

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アブラナ(油菜) | トップ | アゼナルコ(畦鳴子 アゼナ... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
フェルトみたい (とんちゃん)
2017-04-22 07:59:33
新鮮なアカメガシワの葉には驚きます~
この前葉が出てきたな♪と思いながら見ていましたが・・・
ただ見ただけに終わりました。
生つばものでふかふかしているように見えますね
表にも裏にも星状毛があるんですか?
アリが来る前のアカメガシワも見どころ満載!
自然美の世界を美しく撮れてすごい!
この頃って色々気がかりが多く目が回りそうです。
元々冬芽の頃の名残… (林の子)
2017-04-22 15:34:33
アカメガシワは裸芽、なので冬芽時代は毛が保護の役割をしていたのでしょう。
なので葉裏にもその頃の名残、赤ではないですが。
赤色の星状毛も芽生えの最初期だけで葉が大きく広く育つと役目を終えて、葉本来の緑になってゆくのでしょうね。
新緑の頃は、撮る対象を絞っていないとあれもこれもになる上に、整理が大変になるようです。
ブログに画像を上げるだけだと、案外楽なのでしょうが、あれもこれもとなるとそうは行かないですね。
あたふたしている間に、夏になります。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。