HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

ヘビイチゴ(蛇苺)

2017-04-15 | 黄色 春





やっと花が咲いた。
慌てることもあるまい。
次々と花は咲くけれど、食べたくはない苺の花。


















盛んにおしべが花粉を出し、めしべが花粉を受ける頃。

めしべが受粉完了すると花床が膨らみ始める。





花床が少し膨らみ始めている頃、萼片は一旦閉じる。

5枚の花弁は白くなり脱落、花床が色づき始める。

花弁は白くなり、脱落。
まだおしべの花糸が残っているが、花床が赤くなり始めている。




完熟直前、萼片が開きかけている。

完熟すれば、再び萼片が開いて果実が現れる。
(2017.04.02 玉津町)









ヘビイチゴ(蛇苺)
 バラ科ヘビイチゴ属 Duchesnea chrysantha
(2017.03.30 新明町)


三ヶ月前のヘビイチゴの葉
--------------------------------------------------------------
今年去年のヘビイチゴ


『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ボケ(木瓜) | トップ | ヒメウズ(姫烏頭) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。