HAYASHI-NO-KO

前穂から吊り尾根・奥穂・涸沢・北穂 遠く槍ヶ岳

サクラ セイヨウミザクラ(西洋実桜)

2017-03-30 | 冬芽・葉痕

咲き急いでいる訳では無いだろう。
時期が来たから咲いている。























(2017.03.28 上ヶ池公園)


一粒幾らで売っているものがこの樹に出来る…かも知れない。
それでも誤解があるとまずい…けれど
この樹に出来るサクランボが一粒幾ら…で売っているものかどうかは知らない。










(2017.03.12 上ヶ池公園)

サクランボの出来る木。
どんなサクラの木でもサクランボは出来る…と言う。
だから食べられるサクランボが出来る木だと言うと
酸っぱくても食べられなくはない…と返答がある。
一粒幾ら…で売っているサクランボだと言うとやっと納得する。

それをまた、セイヨウミザクラと言うのだ…などと、説明しない方が良い。








セイヨウミザクラ(西洋実桜)
 サクラ科サクラ属 Cerasus avium(=Prunus avium)
英名ではWild Cherryと呼ばれて区別されている。
(2017.02.18 上ヶ池公園)

【さくらんぼ】
国内で生産されるさくらんぼは、セイヨウミザクラ(Prunus avium)が基本種。
花弁の先端が丸く、殆どの園芸種は結実の為に他花が必要と言われている。
シナミザクラは、カラミザクラ Cerasus pseudocerasus(=Prunus pseudocerasus)の別名。
雄しべの長さが特徴的だ。
中学時代の同窓の庭に咲く。
京都植物園では、カラミザクラ(Prunus pauciflora)と書かれている。
葉の展開前に花が咲き、花弁の先端が凹んでいる。
--------------------------------------------------------------
田町のシナミザクラ 玉津のシナミザクラ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« コオニタビラコ(タビラコ 小... | トップ | サンシュユ(山茱萸) »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。